例会

第274回例会(2020-21年度第2回例会)

Rotary E-Club of Hokkaido 2500
2020年07月13日~2020年07月20日
期間:月曜12:00〜翌月曜11;59

奉仕の理想

歌の斉唱

会長の時間

皆様こんにちは。
第274回の例会です。
会長の時間ですが、私今年度副会長に任命されましたので何度か会長の時間を担当する事に成りましたので宜しくお願いします。
今年度のボルガー・クナーク会長の2020-21のテーマは「ロータリーは機会の扉を開く」です。
このテーマはロータリアンがリーダーシップを強化する機会をつくり、奉仕の理念を行動へと移し、支援を必要とする人びととの生活を向上する活動を行うようロータリアンを喚起しています。これに沿って私達も奉仕の理念を大事にして1年間行動して行ければと思います。

さてEクラブ今年度の渡邉会長・高橋幹事の年度が始まりました。
今年度の渡邉会長のテーマは「現状を確認しさらなる進化を」で前年度からの新型コロナウイルス禍は今年度も我々Eクラブの活動にも大いに影響する事と思います。
会長のテーマもこのコロナ禍を乗り越えようとする強い気持ちが表れているテーマだと思います。
ガバナー公式訪問もオンライン例会に成りました。
ただ私は、必要以上の自粛は必要ないと思いますし、おおいに節度を持っていろいろな事に積極的に行動して行きたいと考えています。
これが経済活性化の一番の道だと思いますし、生活して行く上で、やはり大事な事は当然経済が廻らないと良くならないと思います。
6月末で北海道では、コロナ関連で20件の倒産が発生しています。
これ以上経済が悪化しない様、皆さんもコロナに負けないで行動してほしいと思います。
渡邊会長・高橋幹事を中心に今年度又皆様と共に頑張って行きたいと思います。
1年間宜しくお願いします。

副会長 豊田 秋雄

出席報告

(07月13日 08:24現在)
出席報告 会員総数 出席義務会員数 出席義務出席数 出席免除会員数 出席免除出席数 出席率
07月13日~07月20日 21 19 0 2 0 0.00%
07月06日~07月13日 21 0 19 2 0 0.00%
06月29日~07月06日 20 18 18 2 0 100.00%
(注)上表のうち青色部は修正済み出席報告です。

幹事報告

【卓話の担当について】

7月20日の例会は、定款第6条-第1節-(c)項取消により休会致します。

7月27日の例会は「Eクラブについて」です。担当は梅井副会長になります。締め切りは7月20日になります。

8月3日の例会は「幹事の仕事について」です。担当は鳥海クラブ研修リーダーになります。締め切りは7月27日になります。

8月10日の例会は、定款第6条-第1節-(c)項取消により休会致します。

(IT委員会までメールでお送りください。)

【7月の特別月間】は設定されておりません。


【ロータリーレート】
2019年7月1日より、国際ロータリーの為替レートは、毎月の初日における市場実勢相場に基づくこととなります。このため、事前に新しいレートをお知らせすることができなくなることをご了承ください。この変更は、世界各地の会員にとって最も正確な市場を反映したレートをご提供する最善の方法であると考えています。
7月のロータリーレートは1ドル=107円です。
(参考6月のロータリーレート:108円)

幹事 高橋 広昭

親睦・ニコニコボックス委員会

ニコニコボックスは、会員がご自身の喜び事、祝い事、お礼、近況報告、些細な失敗などを面白おかしく披露するとともに、会員が自発的に善意を拠金にて表現するものです。
集まった善意はクラブの奉仕活動の基金として活用させていただきます。

2020/03/16

石森会員
誕生祝い

2020/03/17

湯浅会長
合格祝い


親睦・ニコニコボックス・職業分類委員長 吉本 真澄

雑誌委員会

雑誌委員会 7月の報告

皆様こんにちは。今年度から雑誌委員長に任命されました直前会長の湯浅でございます。ロータリーの友が手元に届き次第読んで、皆様にご紹介したいと思っております。

それでは、ロータリーの友7月号のご紹介をさせて頂きます。
今回の表紙は、RI会長ホルガ―・クナーク様ご夫妻の仲睦まじい様子のお写真でした。
まず開いて飛び込んできたのは、3ページの『ロータリーの友』を「心の友に」です。
ロータリーの友委員会委員長 一般社団法人ロータリーの友事務所代表理事 鈴木 宏様の文章です。感染症に立ち向かっている労いから、「思いやる心」を持って生き生きと活動されることを願っての文章でした。

5ページは、艶やかに着物をお召しになっていますガバナーのパートナーとホルガ―・クナークRI会長のお写真が掲載されています。日本の着物素敵です。
6ページは、ロータリーの誕生と目的、7ページはRI会長メッセージです。
これまでの活動をただそのままオンラインに移行するのではなくデジタル時代に完全に適応した団体にならなくてはならないとのメッセージでした。

8ページから19ページまでは、ホルガ―・クナークRI会長のストーリです。
RI会長初のドイツ人であることや、ベーカリーの事業を拡大していったこと、国際的な企業からの買収に合意したこと、家族の事などが書かれています。
仲の良いご夫婦のようでお料理をしている写真や、自転車ご夫婦で写っているいる写真もありました。湖とドイツの街並みが綺麗な写真も印象的です。

21ページから37ぺージまでは各地ガバナーのご紹介です。
当クラブは、第2500地区ですから松田ガバナーです。是非、ご一読ください。

40ページからは国際ロータリーの理事会、財団管理委員会、米山記念奨学会、ロータリー文庫、100年史委員会のお話です。


雑誌委員長 湯浅 秀昭

卓話

「新年度について」

2020-2021年度の幹事を務めます高橋です。

当クラブでは、旭川18名、美唄1名、釧路1名、北見1名と地方にも会員がおり、
初めて北見の地方会員が、幹事を務める事になりました。

初めての形態なので、会長をはじめ、副会長や直前会長、
そして、各委員長には多くの助けが必要になるかと思いますが、
その際には、ご協力願います。

さて、今年度はこのような世界情勢になり、
例年通りの活動を思い通りに行えない事が多くあるかと思います。
Myロータリーで世界中のロータリークラブの、
ロータリーの友で国内のロータリークラブの、
「今できる活動」や、多くの「アイディア」を参考に、当クラブでも何ができるか考えて行きましょう。

例会に関しては、当クラブは通年通り、毎週おこないます。
わたしも、IT委員会を兼任する形でサポートしていきます。
宅話など、できるだけ早めの提出をお願いいたします。

そして、新年度早々に1名の女性会員が入会されました、
宅話などで自己紹介などあるかと思います、よろしくお願いいたします。

トライアルアンドエラーの一年となるかと思いますが、
当クラブとして、ランクアップする機会と信じ、
この一年での進化を期待しております。

幹事 高橋 広昭


投稿内容をご記入ください。※100文字以上、2,000文字以内で投稿してください。