例会

第184回例会

Rotary E-Club of Hokkaido 2500
2018年04月16日~2018年04月23日
期間:月曜12:00〜翌月曜11;59

奉仕の理想

歌の斉唱

会長の時間

これから例会を始めます。



 さて、今週4月22日日曜日は地球環境について考える日「アースデイ」です、掲載した画像はアースデイを提唱した平和運動家のジョンマコーネルによるアースデイの旗だそうです。

 マコーネルの地球に対する関心は1939年に、合成樹脂の製造工場を建設していたロサンゼルスのノーベル研究所で、アルバート・ノーベル (Albert Nobell) という科学者と組んでいたときから始まった。合成樹脂の製造が、大地/地球をどれほど汚染するかを理解したマコーネルは、生態系への危惧を深めていったが、当時はまだ環境への関心がほとんど顧みられていなかったことを踏まえれば、特筆すべきことであった。(以上Wikipediaより引用)

 その合成樹脂が地球環境に対する影響があるものとして近年言われているものにマイクロプラスチックがあります、自然界では分解することができない微小なプラスチックが色々なところに入り込んで、私たちが口にする食べ物にも含まれていて陸上に限らず海洋生物にも影響を与えているという報道も目にするようになりました。

 実際どの程度の影響が出るのかはわかりませんが、そのような自然分解しないものが与える環境負荷が大きいものになると予測していたジョンマコーネル氏の考えはすごいものです。自然分解できない材質というのは厄介なものですが、手軽で便利なものなので利用してしまっていますね、ビール瓶などのようなリサイクルシステムで使われるものが少ないですね、

 今年は、イアンライズリー会長から一人一本の植樹を、ということでお話がありました。私たちのクラブも当時の会員数19名と将来への希望を込めて1本増やし20本の桜の木を植樹しました。このような活動も色々な地域で行われると景観も良くなり、環境負荷の改善にもつながるのではないでしょうか。

 今回の植樹を通じた活動は、環境に対することだけでなくクラブ内の活動の原動力にもなりましたし、メディアにも取り上げていただき案したので広報活動にもなりました、能動的な活動だけではなく与えられるミッションを達成することで得られる経験も大事だと再認識させていただきました。

 PETSで帯広に向かうときにでも時間があればちょっと寄ってみようと思います!


会長 東堂 賢功

出席報告

(04月20日 13:28現在)
出席報告 会員総数 出席義務会員数 出席義務出席数 出席免除会員数 出席免除出席数 出席率
04月16日~04月23日 0 0 0 0 0 0.00%
04月09日~04月16日 19 18 16 1 1 89.47%
04月02日~04月09日 19 18 16 1 1 89.47%
(注)上表のうち青色部は修正済み出席報告です。

幹事報告

【卓話の担当について】
4月30日例会は、定款第6条-第1節-(c)項取消により休会です。
5月7日例会は、定款第6条-第1節-(c)項取消により休会です。
5月14日例会は、「青少年奉仕月間に因んで」中田委員長よろしくお願いいたします。
締め切りは5月7日です。
5月21日例会は、「青少年奉仕委員会について」藤岡さんよろしくお願いいたします。
締め切りは5月14日です。
5月28日例会は、「1年を振り返って」花田副会長よろしくお願いいたします。
締め切りは5月21日です。

(高橋委員長までメールでお送りください。)

【4月の特別月間】「母子の健康月間」です。

【ロータリーレート】
4月のロータリーレートは1ドル=104円です。(参考3月のロータリーレート:108円)

【5月のクラブフォーラム・理事委員長会】
5月11日(金曜日)を予定しております。

【その他】
5月12日(土)は、旭川北ロータリークラブ50周年記念祝賀会が旭川グランドホテルで開催されます。
6月16日(土)は、4クラブ合同例会が上川町で開催されます。


幹事  湯浅 秀昭

親睦・ニコニコボックス委員会

ニコニコボックスは、会員がご自身の喜び事、祝い事、お礼、近況報告、些細な失敗などを面白おかしく披露するとともに、会員が自発的に善意を拠金にて表現するものです。
集まった善意はクラブの奉仕活動の基金として活用させていただきます。
【3月31日】
・東堂会長から、「皆様IMの参加ありがとうございました。」
・鶴岡直前会長から、「IMご苦労様でした。」
・梅井会長エレクトから、「甥っ子が産まれました。」
・湯浅幹事から、「今日も皆様と懇親を深めることができました。」
・渡邉委員長から、「東堂会長、湯浅幹事お疲れ様でした。」
・大塚SAAから、「IMご苦労様でした。」
・藤岡委員長から、「IMお疲れ様でした。」
・中田委員長から、「発表された東堂会長お疲れ様でした。」
・布子委員長から、「IMに遅れてすみません。」
・吉本会員から、「甥っ子が中学校に入学しました。」

親睦・ニコニコボックス委員長  布子 克敏

IT・広報・雑誌委員会

ロータリーの友4月号の読みどころをご紹介いたします。

7ページ
ポリオ撲滅の特集が組まれております。
いまポリオをなくすことがゴールではなく、
これから先もポリオがなくなる事を続けて行く事への
スタートなのだと感じました。

12ページ
メークアップのすすめ。
日本最古で最大の東京ロータリークラブには、
国内外問わず、非常に多くのビジターが訪れるようです。
私たち北海道2500ロータリーEクラブも、
インターネットでメークアップできるという利点から、
非常に多くのロータリアンが訪れていただけます。
みなさまのご投稿が我々の「インスピレーション」になっております。
ありがとうございます。

32ページ
エバンストン便りにて、次年度の会長テーマ「インスピレーションになろう」について記事が掲載されています。
インスピレーションとは何か?。次年度のクラブ方針などのヒントになるかと思います。

IT・広報・雑誌委員長  高橋 広昭

卓話

ペッツ(PETS)会長エレクト研修セミナー



クラブ会長エレクトのために毎年実施される研修2月または3月に開くのが望ましいとされる。その目的は次期クラブ会長が会長としての任期に向けて準備することであり、地区ガバナーエレクト及び次期ガバナー補佐に、次期クラブ会長の意欲を高め、協力関係を築く機会を与えることである。

PETSのプログラム(Program of PETS)
プログラムの目標を達成するため、理事会は会長エレクト研修セミナー(PETS)に以下の内容を盛り込むことを推奨する。

・RIテーマ(RI theme)
・クラブ会長の役割と責務(Role and responsibilities of club president)
・目標の設定(Goal setting)
・クラブ指導者の選任と準備(Selecting and preparing club leader)
・クラブの管理運営(Club administration)
・会員増強(Membership)
・奉仕プロジェクト(Service projects)
・ロータリー財団(The Rotary Foundation)
・公共イメージ(Public image)
・支援源(Resources)
・年次計画と長期計画(Annual and Jong-range planning)
(ロータリー章典20.070.2)

参加者 ガバナーエレクト、ガバナー補佐、地区研修リーダー、地区内の次期クラブ会長全員が含まれなければならない。
PETS指導者 ガバナーエレクトが責任を持つ。セミナーの指導チームは、資格の備わったパストガバナーと地区委員会委員長で構成される 。

*引用及び参考 用語便覧


会計 豊田秋雄


投稿内容をご記入ください。※100文字以上、2,000文字以内で投稿してください。