例会

第191回例会

Rotary E-Club of Hokkaido 2500
2018年06月18日~2018年06月25日
期間:月曜12:00〜翌月曜11;59

奉仕の理想

歌の斉唱

会長の時間

 6月になりましたが、コートが欲しくなるほど寒い日があったり、峠では雪が降ったとかちょっと前に30度の暑い日があったとは思えないほど気温が不安定で、さて例会も残り2回となりました。先日旭川南ロータリークラブ様、旭川ロータリークラブ様とビジターで訪問させていただきまして、予定していた分区内全クラブを回ることが出来ました。湯浅幹事をはじめとして同行していただいた皆さんありがとうございました。トラディショナルなクラブクラブの例会はそれぞれクラブ毎に進め方やクラブ内の親睦活動や会員の記念日への対応など、特色があり大変勉強になりました。お邪魔させていただいた各クラブの皆さまには改めて感謝したいと思います。
 そして、先週末16日に上川ロータリークラブさんがホストとなって、4クラブ合同例会があり多くの会員の参加をいただきました、上川ロータリークラブの皆さんには大変お世話になりました。
 
 さて、今週は旭川農業高等学校で、携帯スマホの安心利用教室を実施いたします、どうにか都合をつけてご参加いただきたいと思います。高校生と言うことでスマホの利用率も高くSNSや様々な情報ツールを利用していることと思います。ちょっとした使い方の過ちが大きな影響になることを知ってもらいながら、楽しく正しく情報ツールを有効に利用していただきたいと思います。

会長 東堂 賢功

成瀬ガバナーが各IMで挨拶された内容を今年度最後の例会まで、毎週紹介させていただきます、掲載の快諾を頂きました成瀬ガバナーに感謝を申し上げます。
それでは成瀬ガバナーから2500地区各分区の会員に向けたメッセージをご覧頂きたいと思います。

― ロータリーは時代と共に変化する ―

ポールハリスの言葉です。

ロータリーは21世紀に入るころまでは、会員数は急激に増加してきました。1956年には約40万人であった会員数は、その後10年毎に20万人ずつ増加し、1986年には100万人を突破し、1996年には120万人となりました。
1996年2月RI理事会は、地区リーダーシップ・プラン(DLP)を承認しました。DLPは、会員の急激な増加に伴うガバナーの任務と負担を軽減するために、合同公式訪問、ガバナー補佐制度、研修リーダーの設置等の制度的な整備をすることによって、地区とクラブの管理を強化しようというものでした。
1996年に120万人を突破しますが、その後会員数はほぼ横ばいのまま推移し、更にクラブの小型化が進行します。2004年11月、5つの常任委員会をクラブの基本的委員会組織とするクラブリーダーシップ・プラン(CLP)を承認します。
DLPとCLPは、如何にすれば地区/クラブを強化できるかという地区/クラブレベルにおける組織管理の方法論でした。
21世紀に入り明らかに潮目が変わります。
世界の会員数は横ばいのまま、会員数が増えている地域と減っている地域がはっきりする所謂二極化現象が生じます。クラブの小型化も進行が止まりません。
小型化と二極化の同時進行の中、もはやクラブ、地区を超えた世界レベルの統一的な管理機構の再編成が必要となったわけです。
2001年の規定審議会に於いて、会員の再編成、クラブの再編成、地区・ゾーンの再編成に着手し、それ以後もあらゆる改革を断行して現在に至っています。
2001年、クラブに例外規定を設けた結果、2010年Eクラブが採択され、2013年には衛星クラブが採択となりました。
例外規定導入は2016年「柔軟性導入」に至り、
標準ロータリークラブ定款は「クラブの自主性」「多様性」の名のもとに{易きに準ずる流れ}が加速することになりました。
2019年規定審議会に於いて、RIは「ローターアクトクラブをRIの会員に認める」「グローバル会員制度」(クラブに籍を置かないロータリアン)導入を検討しているようです。

― ロータリーは時代とともに変化する ―

理念無き変革を何故こうも推し進めるのか、私達の感覚では誠に不可思議ですが、会員数の伸び悩み、クラブの小型化等所謂「失われた20年」に苦悩し、なりふり構わないRIの本音が垣間見えてきます。
私達の取るべきは「易きに流れる」事無く、「原理」「原則」「個性」を明確にすべきではないでしょうか。

IMの目的は、会員相互の親睦と知識を広めることにあります。分区内ロータリアンが一堂に会して胸襟を開き、友情と親睦を深め、ロータリーの情報を共有して奉仕の理想を共に学び、知識を広げる絶好の機会であると言えるでしょう。
本日開催されますIMが、第6分区ロータリアンにとって友情溢れる、実り多いものとなることを切に望みます。
結びに、主催されました佐藤 三幹ガバナー補佐並びにホストクラブとして尽力された帯広北RCに深く感謝し、心より御礼を申し上げ、挨拶といたします。

出席報告

(06月20日 06:27現在)
出席報告 会員総数 出席義務会員数 出席義務出席数 出席免除会員数 出席免除出席数 出席率
06月18日~06月25日 0 0 0 0 0 0.00%
06月11日~06月18日 19 18 14 1 1 78.94%
06月04日~06月11日 19 18 17 1 1 94.73%
(注)上表のうち青色部は修正済み出席報告です。

幹事報告

【卓話の担当について】
6月25日例会は、「今年度総括について」私が書きます。よろしくお願いいたします。
締め切りは6月18日です。

7月2日例会は、「前年を振り返り」梅井会長エレクト宜しくお願い致します。
締め切りは6月25日です。

7月9日例会は、「新年度について」渡邉次年度幹事宜しくお願い致します。
締め切りは7月2日です。

7月16日の例会は、定款第6条-第1節-(c)項取消により休会致します。

7月23日の例会は、「Eクラブについて」大塚副会長宜しくお願い致します。締め切りは7月16日です。

7月30日の例会は「幹事の仕事について」私が書きます。宜しくお願い致します。締め切りは7月23日です。

(高橋委員長までメールでお送りください。)

【6月の特別月間】「ロータリー親睦活動月間」です。

【ロータリーレート】
6月のロータリーレートは1ドル=110円です。
(参考5月のロータリーレート:108円)

【7月のクラブフォーラム・理事委員長会】
7月2日(月曜日)新旧引継ぎ式を大雪地ビール館で開催します。

【その他】
6月22日(金)は、旭川モーニングロータリークラブ創立25周年記念式典・祝賀会が 
アートホテルで開催されます。
6月22日(金)は、青少年奉仕委員会で北海道旭川農業高等学校にて「ケータイ・スマホ安全教室」を開催いたします。

幹事 湯浅 秀昭

親睦・ニコニコボックス委員会

ニコニコボックスは、会員がご自身の喜び事、祝い事、お礼、近況報告、些細な失敗などを面白おかしく披露するとともに、会員が自発的に善意を拠金にて表現するものです。
集まった善意はクラブの奉仕活動の基金として活用させていただきます。


【5月17日】
古河東ロータリークラブ 山崎清司 様

【6月16日】
・大塚SAA 4クラブ合同例会を祝して
・東堂会長 4クラブ合同例会を祝して
・梅井会長エレクト 4クラブ合同例会を祝して
・鳥海委員長 4クラブ合同例会を祝して
・渡邉委員長 4クラブ合同例会を祝して
・湯浅幹事 4クラブ合同例会を祝して
・布子委員長 自分の誕生日で
・中田委員長 父の日前日で


親睦・ニコニコボックス委員長  布子 克敏

IT・広報・雑誌委員会

ロータリーの友6月号の読みどころをご紹介いたします。

53(16)ページ
次年度RIテーマ日本語訳について思う
「インスピレーションの解釈」について、書かれております。


14ページ
親睦活動月間ということで、囲碁のロータリー親睦活動グループの記事が掲載されております。
私の中で親睦とはクラブ内の活動だけというイメージでした。
国内外から招いて大会がある事に驚き、ロータリーの親睦の奥の深さを感じました。
また、15ページには親睦の一例が書いており、その中にEクラブというものがありました。
年に一度全国Eクラブフォーラムと言うものがありますが、それについても親睦の一つなのだと改めて実感いたしました。


51(18)ページ
卓話の泉、ブルーライトにご注意
わたくしゴトですが、毎日約8時間パソコンの前にいます。
ブルーライトがどう体に悪いのか細かく書いております。
パソコンに向かう作業が多い会員様はぜひ読んでみてください。


50(19)ページ
卓話の泉、イデコとは
今流行り(?)の確定拠出年金の話です。
聞いたことはあるけど、詳しくわからないという会員は、ぜひ読んでみてください。
様々な税制メリットがあります。


1年間ありがとうございました。
ロータリーの友を通して、全国のロータリークラブがどのような活動をしているか、
また、ロータリーの歴史などを知ることができ、とても良い機会でした。

また、みなさまからの「読みどころ」を教えていただければ、
大変嬉しく思います。


IT・広報・雑誌委員長  高橋 広昭

卓話

ロータリアンの皆さまへ

RI2500地区第三分区、富良野ロータリークラブ現会長の藤岡と申します。
この度2500地区Eクラブの湯浅幹事より「ゲスト卓話」の御依頼が有り、こうして当クラブを紹介できるこの機会を与えて下さり感謝申し上げます。

此処で当クラブを紹介いたします、会員数48名(内女性2名)であります。旭川ロータリークラブが当クラブのスポンサーであり、創立58年のクラブであります。
当クラブの特徴は100%出席会員が他のクラブより遙かに多く又、メイクアップを実施する会員も多いようです。
地区のEクラブにメイクアップも多いようです。そして当クラブは会長の点鐘後に全員で握手を交わし、例会参加者と目を会わせ挨拶をし、互いに親睦を深め毎回実施しております。今月のRI月間テーマである「ロータリー親睦委員会月間」です、親睦と奉仕について、こう書かれています親睦を深める最適な場所は、毎週1回の例会でありますその例会においていかに友情を深めるかを実行するかであります、当クラブはこれを今後も継続して参りたいと思います。

今年度もあと僅かで今年度も終了しますが、各クラブの会長様、幹事様はホッとしているところでしょう。
反面次年度の会長、幹事さんはハラハラドキドキの今日この頃でしょう。
私も当時は同じで毎日が不安でありましたが、ある大先輩の会員から「藤岡さん会長はイヤイヤやると長く感じ、一生懸命やると早いものですよ」と言われました。
この言葉で私自身、自然体で一生懸命ぶつかって行こうと思いました。
結果、現在が有り無事会長の職務を終了出来ると思います。自分自身語学力も無く、学歴もなく、クラブ会長を務めることに対し恥ずかしいと考えていましたが、でもそれが会員皆さんの応援があったらこそやってこれたと思います。
歴代の会長経験者に聞きますと、会長を終え今思うともう一度会長をやってみたいと言っていました。
何故そのような事を思うのか不思議に思う方が多いと思いますが、今私もそう思うような気がして来ました、それは、ロータリアン同志横一線の目線で接しているからこそ感じられると思います。
私は入会してから17年目になりますが入会当初は毎週の例会が重荷になり負担に感じていましたが、何時しかロータリー会員に毎週会うのが楽しみに成り初めたのであります、ロータリーの素晴らしさを何時気づくかであります、それはクラブ内で各委員長を経験し、そこでロータリーを勉強し、体験する事で何かを会得するものです、会社でもそうでしょうし人間は何かの役職を与えられて学ぶものです、ロータリーも同じと思います、会員の皆さんそして若い会員の皆さん早く会長を目指して下さい、そうすれば例会も楽しくなると思いますし、もう一つ大きく成長できると確信します。そこには心地の良い素晴らしいポジションを会員全員に空けて有り待っておりますよ。取りとめのない内容になりましたが私たちのロータリークラブが地域に、そして世界に奉仕と親睦が広がることを祈念し卓話とします。このメッセージを開いて下さり有難う御座います。


国際ロータリー第2500地区第3分区
富良野ロータリークラブ
2017-2018会長
藤岡 末生


投稿内容をご記入ください。※100文字以上、2,000文字以内で投稿してください。