例会

第197回例会

Rotary E-Club of Hokkaido 2500
2018年08月06日~2018年08月13日
期間:月曜12:00〜翌月曜11;59

奉仕の理想

歌の斉唱

会長の時間

・会員増強・拡大月間に因んで…

第197回例会を始めさせていただきます。

8月は「会員増強・新クラブ結成推進月間」となっています。
新クラブ結成については我々自身がまだまだ設立間もないクラブですので、これからが勉強という感じですが
会員増強につきましては我々の身近な課題です。2014年に設立・認証を受けて以来会員数が20名前後と
大きく変わることなく推移してきまして現在は19名です。会員数は一気に伸ばすのではなく前回もお話しましたが
一歩一歩共に歩んでいける様に確実に仲間を増やしていきたいと思います。
さて先日2018-19年度第3分区内の会長幹事会が湯浅委員長の勤務先OMO7さんで開催され、私と渡邊幹事で参加してきました。
新旧会長幹事会の時とはまた違った雰囲気で今年一年の抱負などを語り合い決意を固め懇親を深めてまいりました。
各クラブ会長・幹事さんからの様々な意見や考えを懇親会から二次会の中で伺うことができ大変勉強にもなりました。
この辺も当クラブの皆さんと情報を共有していきたいと思います。
そして毎週多くの方にメークアップしていただいています当クラブですが、本当に全国様々なクラブの方が例会を見ていられる事に驚きです。
前々回の例会ですか…メークアップに訪れた方の質問にも返信していきたい。と書きましたが、まだまだ実現できていないので一日も早く実行していきたいところです。
メークアップしてくださっている方々のコメントを確認させていただいていると、当クラブに対する期待の声・励ましの声・感謝の声と
本当にうれしいコメントが多く我々の励みになるところです。そして西日本の豪雨被害地域の方からのメークアップもありました。
遠く離れた北海道からは何も出来ませんが、一日も早く日常を取り戻せる様に祈るばかりです。
9月に入り北海道は短い夏の後半に入ろうとしていますが当クラブの会員の皆さま、当クラブの例会を訪れる皆様が思いで深い夏を過ごせますように祈って会長の時間とさせていただきます。

会長 梅井 幹雄

北海道2500ロータリーEクラブの皆様、こんにちは。
私は今年度RI2500地区第3分区ガバナー補佐の旭川南ロータリークラブ所属 淤見 政儀(おみ まさのり)と申します。職業分類は葬祭でございます。
貴クラブはガバナー公式訪問が8月22日でございますので、その前にガバナー補佐として第3分区内のクラブを訪問しなければなりません。
2018-19年度国際ロータリー会長 バリー・ラシン様の掲げたテーマは「インスピレーションになろう」でございます。
そして 細川 吉博ガバナーの掲げたテーマは「行動するロータリー、つながるロータリー~ロータリーの未来を考えよう~」であります。私も地区の資金推進小委員長になっており、ロータリアンの皆様に財団への寄付を啓発しお願いする立場でもあります。ご協力をお願い致します。
第3分区内の会長・幹事会にも参加し皆様の意見を参考にし進めて参りますので、重ねてのご協力をお願い致しまして、ご挨拶とさせて頂きます。

平成30年8月4日

RI2500地区第3分区ガバナー補佐 淤見 政儀

出席報告

(08月16日 09:36現在)
出席報告 会員総数 出席義務会員数 出席義務出席数 出席免除会員数 出席免除出席数 出席率
08月06日~08月13日 19 18 17 1 1 94.73%
07月30日~08月06日 19 18 16 1 1 89.47%
07月23日~07月30日 19 18 16 1 1 89.47%
(注)上表のうち青色部は修正済み出席報告です。

幹事報告

【卓話の担当について】
8月13日の例会は、定款第6条-第1節-(c)項取消により休会致します。

8月20日の例会は「会員増強委員会方針・活動計画」中田委員長宜しくお願い致します。
締め切りは8月13日です。

8月27日の例会は「職業分類委員会方針・活動計画」吉本副委員長宜しくお願い致します。
締め切りは8月20日です。

9月3日の例会は「IT委員会方針・活動計画」高橋委員長宜しくお願い致します。
締め切りは8月27日です。

9月10日の例会は「社会奉仕委員会方針・活動計画」鳥海委員長宜しくお願い致します。
締め切りは9月3日です。

(高橋委員長までメールでお送りください。)

【8月の特別月間】は会員増強・新クラブ結成推進月間です。

【ロータリーレート】
8月のロータリーレートは1ドル=112円です。
(参考7月のロータリーレート:110円)

【8月のクラブフォーラム・理事委員長会】
8月4日(土曜日)大雪地ビール館にて12:00に開催しました。
20018ー2019年度第3分区ガバナー補佐 淤見様が訪問されまして、ご挨拶を頂きましたのでロータリー・インフォメーションへ転載させて頂きます。ご確認願います。

【9月のクラブフォーラム・理事委員長会】
9月1日(土曜日)大雪地ビール館にて12:00開催予定です。

【その他】
8月22日ガバナー公式訪問があります(大雪地ビール館)
多数の皆様のご参加をお待ちしています。出欠は伝助にてお願い致します。

9月1日~2日 士別にてライラセミナーが開催されます。

幹事 渡邉 正俊

親睦・ニコニコボックス委員会

ニコニコボックスは、会員がご自身の喜び事、祝い事、お礼、近況報告、些細な失敗などを面白おかしく披露するとともに、会員が自発的に善意を拠金にて表現するものです。
集まった善意はクラブの奉仕活動の基金として活用させていただきます。

8月4日 クラブフォーラム・理事委員長会にて
淤見ガバナー補佐    Eクラブの皆様、1年間宜しくお願いします。8月22日のガバナー公式訪問も重ねて宜しくお願いします。

7月2日 キックオフ例会にて
梅井会長        今年一年よろしくお願いします。

鶴岡SAA        梅井新会長に!

大塚副会長       梅井会長頑張ってください!

東堂直前会長      一年間ありがとうごいました

湯浅クラブ奉仕委員長  東堂丸の帰港と梅井丸の出航を祝して

中田青少年奉仕委員長  梅井丸の門出に!

渡辺幹事       東堂会長、湯浅幹事一年間お疲れ様でした。

吉本クラブ奉仕副委員長 梅井新会長に

布子ニコニコボックス委員長 楽しい一年を期待してます。

親睦・ニコニコボックス・会員増強・職業分類委員長 布子 克敏

IT・広報・雑誌委員会

 ロータリーの友8月号

 まずは縦組みの表紙をめくっていただいて、今月は会員増強・新クラブ結成推進月間です、冒頭のRI会長メッセージにおいてもこの20年間で120万人から会員数が増加していないこと、平均年齢が上がっていることに対する危機感が書かれています。

 7ページから会員増強の可能性として特集が組まれています。幾度か目にしている横目も多く、継続をしていくことが大事なのかもしれません。いろいろなリソースやツールなどについては http://rotary.org/ja/membership に掲載されています。
 そして、16ページからは女性ロータリアンに聞く女性ロータリアンの会員増強・維持のワケとして、世界では比率20%いる女性会員が日本では約6.6%と低水準になっていることについて、各地区の女性会員からのメッセージが掲載されています。

 さて、次は横組み側の表紙をめくってみますと、「友愛の広場」で坂出東四国ロータリー衛星クラブの岩本さんからの投稿で「電子会議形式の衛星クラブを設立」として今年4月に創立されたクラブについて書かれています。こちらのクラブでは学友を中心とした若い会員とスポンサークラブの会員との連携を多様化した新しい形を考えられているようです。
私たちEクラブと同じくネット上での例会と言うことで会費も安く、出張などでトラディショナルなクラブ活動が難しい会員にも良いですね。クラブのトップは議長という表記であらわされているようです、。柔軟な対応をされているようで、衛星クラブという枠組みを上手に活用されているように感じました。例会としては私たちのクラブと同じような運営で行われていますので興味のある方はこちらhttp://www.shikoku-rc.club/までアクセスしてください。

 お隣の2510地区からは、北海道命名150年記念事業として合同で開催したIMの基調講演で北海道の名づけ親としての松浦武四郎さんについて、その活動や略歴が書かれていますこちらは17ページに掲載されていますので、こちらをご覧いただいて
 どうして 「北海道」 となったのか、とても短くまとめて書かれていますのでご覧ください。


直前会長 東堂 賢功

卓話

会員増強・拡大月間に因んで

マイロータリーの中で会員増強について書かれているページです。
https://my.rotary.org/ja/learning-reference/learn-topic/membership
 
 こちらのページで書いてある各セッションのテーマはこの通りです。
クラブの現状を評価する
現会員の参加を促す
入会候補者とつながる
入会候補者情報を管理する
新会員が溶け込みやすい環境をつくる
活気あるクラブをつくる
 まず「クラブの現状を評価する」とあります、そして最後のセッションは「活気あるクラブをつくる」です。まずは自分のクラブについて状況把握をし、その情報をもとに現会員が維持できるような魅力的な活動を行い、新会員はクラブに不足している力を補える人が理想ですね、そして活動を通じ親睦を深めていくことで会員の定着を図りましょう。これらの活動を行うために、マイロータリーでは非常に有効なツールも提供してくれています有効に活用していきましょう。

 7月下旬にロータリーブランドニュースというメールが配信されました、メール文中にロータリーの認知度があまり高くないと言う事も取り上げられていていました。会員候補者や一般の方に対する認知度と理解度を上げていくことが重要です、名前や活動を知っていると容易に受け入れてもらうことが多いからです。知ってもらう機会として有効なのが公共性の高い新聞、雑誌、ラジオ、テレビなどで取り上げてもらう、これら媒体への掲載は信頼度の向上にもつながると考えています、重ねてインターネットを活用したSNSなど情報発信をすることで理解を深めていただきたいと思いますし、会員の獲得や現会員が所属する意識付けにも十分効果があるのではないでしょうか。
 家庭の中でもロータリーについて話が出ることもあると思います、家族間の話と別にパブリシティとして掲載されている記事や写真を見ると新しいイメージを持たれるのではないでしょうか、家族の理解を得てサポートしてもらえると良いですね。
 新会員が入っても、現会員を維持しなければクラブの発展につながらないので、会員のサポートと、これからも衛星クラブなどのシステムを検討しながらロータリークラブの発展につながる活動をしていきましょう。

直前会長
東堂 賢功